葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

ゆとり

c0062796_861192.jpg
水を張った硝子のボウルに
カットした葉っぱをすっと入れてみる。
きもち、涼しげになりました。

毎日むしむししていますが、
日本には昔から、すだれや風鈴など目や耳から涼をとるという文化がありますよね。
くふうして涼しさを演出して熱い季節ならではの涼のとり方を楽しむ、
心にゆとりがありますね。

素敵だなぁとおもいます。


時代は変わって忙しさも暑さもましている昨今ですが、
心のゆとりは、時間が作るものじゃなく、
一人ひとりの意識が作るものだと思います。

心をなくさず生きたいものです。


10年位前に、モンゴルで遊牧民のお宅にショートステイしたことがあります。
川で顔を洗い、口をゆすぎ、一緒にご飯を作ったり、馬に乗って滝を見に行ったりしました。

電気もガスも水道もないのに驚くほど快適な暮らしでした。

時間がゆったりと流れ、自然とともに生きていました。

彼らは皆街の学校へ行っているので、車が走り、電気ガス水道を使う街の暮らしも知っています。
それでも、あえて遊牧生活を選んで生きていました。


不便さは人に本当に必要で大切なものだけを見せ、考えさせてくれると思います。
もてあます暇などない毎日、それなのに決して忙しくない、
そんな暮らしをしている人々もいる、
ということをふと思い出しました。

いい意味で、自然体でいられる暮らしをこころがけたいな
と、改めて感じる今日この頃。




c0062796_811521.jpg
← 飛行機のなかで機内食用に出てきたカトラリー。
記念に(?)持ち帰ってきて飾っていたのですが、
いつのまにか熱で?変形してオブジェのようになってました(笑)

[PR]
by plants_plants | 2010-06-30 08:29 | *日々つれづれに