葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

授かりもの

c0062796_0581353.jpg
「まもりたいもの」ができるということは
もっと責任とかどちらかというと大変なイメージがあったけれど、
実際はちょっと違っていた。

まもりたい、そう想うだけで幸せがじわじわとひろがって心がいっぱいになる。
そんな気持ちにさせてくれる存在、それがまもりたいものなんだと思う。
そんな気持ちにさせてもらえることで自分もまた護られている。

そして、今までも両親に、夫に、友人に、
きっとそうしてまもられてきたんだと気づかされる。

ありがとう

という気持ちでいっぱいになる。

私のそばで寝息をたてている二人。夫と子供。
この寝顔をまもるためならきっとなんでもできる、そんな気がする。

c0062796_2275323.jpg


「子供を授かった」ということは、

「子供のいる人生を授かった」ということなのだなと気付いた。


子供だけじゃない、
結婚したときには夫のいる人生を、友人や仕事もまたそう。

そしてそもそもそんな人生を授かり手にすることができるのは、
自分自身が命を授かりこの世に誕生してこれたからだ。

この身も含め今あるすべてが授かりものなんだ。

あらためてそう気付かされた。



言葉にするとなんだか陳腐になってしまうような気がするけれど、
書き留めておかないときっとどこかに埋もれてしまいそうだから今書き留めておく。

そんなことをいろいろ、ふと思った今日。
c0062796_22155616.jpg
[PR]
by plants_plants | 2012-12-02 00:59 | *日々つれづれに