葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

タイムマシン


c0062796_15283421.jpg書類の整理をしていたら、ふと、昔のメモが出てきた。
そこには、こんな事が書いてあった。
*************************

昨日見ていたドラマの台詞に
“街を懐かしいと思う、それってすごいことだよね、
街は変わっていないのに。変わったのは自分の方だよ”
というのがあってなるほどな、と思った。
なにかに対して「懐かしい」という感情を抱くとき、それは、
単に昔のことだからとか、
久しぶりに見た景色だから、とかではないんだ、と。

「懐かしい」という感情に変わるまでに自分自身が変化しているということ、
対象物が変化するわけではなく、自分が変化して、対象物に対するとらえ方、
位置が変わるから「懐かしい」と思う。
よく考えればあたり前のことだけれど、妙に納得した。

しかも「懐かしい」というのはプラス的感情だから消化してプラスに転じることが
出来た場合に味わえる感情でもある。

*******************************

なんのドラマを見ていたのか分からないが、日付は2004年12月とあった。

今あらためて「懐かしい」という感情変化したこと、
変化しつつあることについて考えてみた。
時の経過はただの経過ではなく、
確実になにかしら自分自身の変化を伴っている、と思う。

だからこそ、いま、このときを大事にしたい。
嬉しいことも苦しいこともどちらにも正面から向き合いたい――。
[PR]
by plants_plants | 2006-02-27 15:11 | *日々つれづれに