葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

神様からの贈り物

c0062796_10343417.jpg友人がうれしい言葉をくれた。

世の中には大切なことを「気づける人」と「気づけない人」がいて、
気づける人の中には、
気づいたことを気づかない人にもわかりやすく伝える(言語化や映像化)ことができる人
がいるとおもうけれど、あなたは「気づける人」で、
わたしはいつもハッとさせられ、助けてもらっている。
――― と。

そんな言葉をいただくほどのことはしていないとおもうのだけれど
役に立てているようなので、とてもうれしい言葉だった。

日々のなかにはたくさんの喜びや感動がある。
そこに目を向けず、他に「特別」を求めることは意味がない。
なんともむなしい生き方だ。
そんなことをすれば、常にドラマが欲しくなり、
日常がつまらなくなるから慢性的に「寂しい、もの足りない」ということになるだろう。

と、いうあたりまえのことをこのごろ少し忘れかけていたことに、
最近気づかされた。
そういう気づきは大切だ。
そしてそれを話すことで、聞いた人がまた何か別の気づきのきっかけをつかめたり
するのであれば、それはとても嬉しいことだ。
だから、人と関わることは楽しい。

当たり前のことを当たり前にできる人間になりたい。

だんな様はその見本のような人なのだけど、
きっとなにかが足りない私に神様がくれた、贈り物なのだ。
わたしを見守ってくれる家族や友人もそう。

神様からの贈り物 大切にしたい

そうした人たちに恥ずかしくないよう、真摯に生きていきたい。
[PR]
by plants_plants | 2006-05-13 10:35 | *日々つれづれに