葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

心地よい関係性

c0062796_146847.jpg
立派なかぼちゃをいただきました。
かぼちゃサラダ、かぼちゃコロッケ、かぼちゃスープ・・・
何を作ろうか?
こういうのはちょっと楽しいです♪
かぼちゃって裏返すとスイカみたいな模様だったのだと
今さらながら知りました。
c0062796_1461990.jpg







●今日の考察●

その相手(またはメンバー)といる時にどういう自分でいられるか、
これが人間関係のを形づくるポイントかもしれない。
好きな自分とか楽な自分でいられる相手とは
ずっと一緒にいたくなる。

人を好き、というのはそういうことかもしれない。
相手がどんな魅力を持った人だとかも重要ではあるけれど、
相手と自然に発生する関係性、
このよさが「好き」という気持ちなのじゃないかなと。
たいていこういうのは一方だけが感じていることではないので
(何しろ関係性だから)
互いが接する機会が増えればさらに好感が好感を呼び、
より心地よい関係性がつくられていくでしょう。

こういう相手とは、少々ケンカしても嫌いにはなれないし、
どんな形でも一生付き合っていけるのじゃないだろうか。

逆に関係性とはまったく関係なく、相手の持つ要素にのみ好感をもつのは、
一方向性が強くなり、ファンという位置付けになるように思う。
もちろん、相手が同性か異性か、男性同士か女性同士かによって
また少し違う要素も入っては来ると思うけれど。

だからなんだ、ということもないのだけれど、
そんなことを実感した今日この頃。
[PR]
by plants_plants | 2006-10-16 14:24 | *日々つれづれに