葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

向き合う の ススメ

人と向き合うのは 気持ちがいい。

時にちょっと大変だったりもするけれど、ちゃんと向き合えた時、
気持ちがいい、と思うのです。
それが自然な姿だからかなと思います。

植物が太陽の光を浴びて風を受け、自然に呼吸し、
いつの間にか大きくなるように。


向き合える人がいるのは幸せなこと。
向き合いたいと思えることも。

いい関係を守りたくていさかいを恐れて避けていくと、
気づいた時には向き合えていないなんてことになって、
いい関係じゃなくなってしまっていたりする。

それを修正したいと思ったとき修正できるのは、
いい関係がまだそこにあるから。

そんな関係の下では、問題も好転の転機となる。
してよかった と思えるけんかができる。

その相手(単数でも複数でも)といる時に
どういう自分でいられるか、
これが人間関係をかたちづくるポイントかもしれない。
好きな自分とか楽な自分でいられる相手とは、
ずっと一緒にいたくなる。


人を好き、というのはそういうことかもしれない。
相手がどんな魅力を持った人だとかも大切ではあるけれど、
相手との間に自然に発生する関係性、
このよさが「好き」という気持ちなのじゃないかなと。
たいていこういうのは一方だけが感じていることではない。
(何しろ 関係性 だから)


互いが接する機会が増えればさらに好感が好感を呼び、
より心地よい関係性がつくられていくでしょう。

こういう相手とは、少々けんかしても、相手を嫌いにはなれないし、
どんなかたちでも、一生付き合っていけるのじゃないかなと思ったりもします。


逆に、関係性とはまったく関係なく、
相手の持つ要素にのみ好感を持つのは、
一方向性が強くなるので、ファンという位置づけになるように思います。
もちろん、相手が異性か同性か、同性同士か、年上か年下かなどによって
また少し違う要素も入ってくるとは思うけれど。


だからなんだ、ということもないのだけれど。
そんなことを実感する今日この頃。
[PR]
by plants_plants | 2007-10-18 09:58 | *~のススメ