葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:*日々つれづれに( 233 )

いろいろ不思議

c0062796_215377.jpg


光の粒に じっ と見入っています。

最近、急にいろいろなものに興味を持ち始めました。
ほんとに急に変わるものですね。
きのうまでと同じ家の中で同じ景色なのに、
彼女にとっては別世界のような感じなのでしょうか。

日々発見日々探索、
一日一日をしっかり命いっぱい生きている感じがします。

それをそばでみていられるのって幸せです。
c0062796_046636.jpg


子育てをすると自分の時間がなくなり、自分のことをかまっていられなくなる
と思っていましたが、
ちょっとちがっていました。

それも含め自分の時間というのか、
「自分の時間」がないという感覚には不思議とならないんですね~。
仕事をしていたときのほうが忙しかった気がするので、そのせいかもしれませんが。

自分のことにかまっていられないのも、確かにそうなんですが、
お風呂にゆっくり入れるのはたまにだったり、
頭や体を洗うのも3~4日にいっぺんだったり(え?)

でも、私はもともとそれでも平気な性質なのもあり、
とくに自分のことをどうこうしたいという気持ちに今はならないので、
別にストレスではないみたいです。

「がまん」してそういう状況だとしんどいと思いますが、
そういう欲求がない状態になるので、なんてことはない感じです。

ちゃんと、子育てに向かうようにそういう風になるんだなぁと
ふし議なきもちで自分自身を観察している今日この頃です。

そんなこんなのうちに、
今年もあとわずかです。びっくりです。


風邪引かないよう皆さんご自愛くださいね。c0062796_0474336.jpg

(わたしは、さいきんぎっくり首になってしまい、ちょっとしんどいです(涙)
が、夫がケアしてくれていますので、いつもより早く直りそうです^^)
[PR]
by plants_plants | 2012-12-18 22:07 | *日々つれづれに

4ヶ月経って

c0062796_20425658.png


首が据わったおかげでずいぶん抱っこしやすくなりました。

体重はいま、6.7キロ。
大きく生まれた割りには伸びがゆっくりで、
母乳が足りていないのでは?と申し訳ないような不安な日々も過ごしてきましたが、
何とかここまで来ました。

でも、もう4ヶ月、そして年末には5ヶ月、そろそろ離乳食を考える時期、
早いです。


【おっぱい問題】

1ヶ月目にうまく母乳を飲ませられなくてほとんどミルクだったのですが、
2ヶ月目から母乳を飲み始め、ミルクを飲みたがらなくなり、
徐々に母乳だけの日が増え、今はほとんど母乳だけになりました。

最初の一ヶ月遅れをとったせいか、
単に出が悪いのか、少し飲んでは寝て、また少し飲んでといった具合に
一回の授乳に1時間くらいかかり、
次の授乳まで1時間もあかない日々がずっと続いています。

夜は3~4時間まとめて寝てくれますが、
明け方になると1時間とか30分後とになります。

ちゃんと一度の授乳で十分な量飲めて満たされていれば、
月齢からすると4~5時間は開いてくるはずなので、
そろそろもう少し間隔があいてくるといいなと思っていますが、
十分飲めていないのかもしれないと思うと、かわいそうになってしまいます。
でも、ちょびちょび飲んで、飲んだ分からちょっとずつ消化しているから
頻繁なのかもしれません。

母乳問題はどうしても考えてしまいますね~。

作られる量が少ないのか?
作られているけれど入選が細いとか詰まっているとかの理由で出にくくなっているのか?
どちらでもないのか?

それによって対策も変わってきますし。
でも、日によっても違ったりするようなので厄介です。

たまに、飲んでいる子供が「でないんだよ~!もう!」といわんばかりに
うーうーいいながら手でおっぱいをたたいたり、泣き出したりすることがあり、
そんなときは日ごろ嫌がっているミルクも、差し出すと飲みます。

でもそれも、必要最小限しか飲まないことにしているのか、
まだ残っているのにやめて、おっぱい~とまた求めてきます。
求めてくれることは嬉しいですが、答えられなくてごめんねという気持ちになります。


そんなわけで、あーでもない、こーでもない、いやこうかもしれない、

なんてやっているうちに今日まで来ました。

結局は、ほしがるだけほしがるときにあげてみるという方針でずっときましたし、
これからもそうしていくつもりです。

一人目の子ってそれだけに集中できる分、つい気にしすぎてしまいます。
が、それだけにコミュニケーションが密になってもいます。

面白いのと迷いと半々で、でも、にこにこしてくれるので、
たすけられています。


そんな日々。

c0062796_2043845.jpg

[PR]
by plants_plants | 2012-12-12 21:05 | *日々つれづれに

授かりもの

c0062796_0581353.jpg
「まもりたいもの」ができるということは
もっと責任とかどちらかというと大変なイメージがあったけれど、
実際はちょっと違っていた。

まもりたい、そう想うだけで幸せがじわじわとひろがって心がいっぱいになる。
そんな気持ちにさせてくれる存在、それがまもりたいものなんだと思う。
そんな気持ちにさせてもらえることで自分もまた護られている。

そして、今までも両親に、夫に、友人に、
きっとそうしてまもられてきたんだと気づかされる。

ありがとう

という気持ちでいっぱいになる。

私のそばで寝息をたてている二人。夫と子供。
この寝顔をまもるためならきっとなんでもできる、そんな気がする。

c0062796_2275323.jpg


「子供を授かった」ということは、

「子供のいる人生を授かった」ということなのだなと気付いた。


子供だけじゃない、
結婚したときには夫のいる人生を、友人や仕事もまたそう。

そしてそもそもそんな人生を授かり手にすることができるのは、
自分自身が命を授かりこの世に誕生してこれたからだ。

この身も含め今あるすべてが授かりものなんだ。

あらためてそう気付かされた。



言葉にするとなんだか陳腐になってしまうような気がするけれど、
書き留めておかないときっとどこかに埋もれてしまいそうだから今書き留めておく。

そんなことをいろいろ、ふと思った今日。
c0062796_22155616.jpg
[PR]
by plants_plants | 2012-12-02 00:59 | *日々つれづれに

もうすぐ4ヶ月

もうすぐ4ヶ月になります。

早いなぁとおもいます。

最近はよりいっそう表現が豊かになってきました。
c0062796_12433648.jpg

絵本もミルクもたまたまですけどね(笑)
でも、絵本にかぎらず、模様なんかはじーっと観るので、気になるみたいです。
c0062796_12435817.jpg


最近、

大変だけどいまだけだから、

などと声をかけていただくことが増えてきましたが、

そういわれると、あらためてさほど大変とは感じていないことにきづかされます。

あまり手がかからない子ということもあるかとは思いますが、
自分に子供がいないときに子供連れの人を見て
「大変そう」と感じた同じような場面に今の自分が遭遇しても、
想像していた感じとはちょっと違いました。

親にとって子のお世話をすることは当たり前の日常、今はそんな感じみたいです。


これからはまだわかりませんが、
今すべき目の前のことにどんどん対応しているうちに時間がたち、
自然に子供は育っていくのかな、そんな風に今は思います。

でも、
おでかけはいままで「大変」でした。
楽しくなさそうな子を我慢させて連れ出す感じでしたので。

外出は、近所から遠出まで含めようやく、少しなれてきたかもしれません。
母子共に。

何事も経験ですね。
子供と一緒にひとつずつできることが増えていくのだろうと思います。

そんな今日この頃。
c0062796_12451185.jpg



c0062796_12452880.jpg
[PR]
by plants_plants | 2012-11-26 13:01 | *日々つれづれに

いろんな表情

c0062796_23542030.jpg
きのう、3ヶ月検診&BCG接種に行ってきました。

大きく生まれた割には普通サイズに育っていますが、順調です。

6.1kg 61cm です。

ほぼ首も据わり、もうちょっとというところです。



よく、「自分の子はかわいい」といいますが、

その意味がわかった気がします。


というのも、子供にも家の顔と外の顔がやっぱりあって、
家族にしか見せない表情がたくさんあるからです。

そんな表情がとても愛おしいです。



たとえば、
このごろ、へそを曲げたりするようになりました。
真横に顔を向けてぷいっとします。

おっぱい♪やったもらえる!にこっ^^と
喜んだあと、しばらく待たせてしまうということを何度か繰り返すと、
期待を裏切られたと感じるのか、
そうなります。

ごめんね~と、いう思いと同時に
そんな表現をする子を面白かわいいなと思ってしまったりもしています。

親ばかというやつですね(笑)しかも本人は真剣なのに(笑)

なかなか表現豊かです。


1ヵ月半から2ヵ月を過ぎたくらいの間は少し落ち着かず、
大泣きが一日に何度もあるようなときがあり、
どうして泣いているのかわからなかったりして
ちょっと大変なときもありましたが、

3ヶ月になる少し前くらいからは意思疎通ができるようになったせいか、
必要なときにちょっと泣く程度になり、ずいぶん落ち着きました。


授乳がかなり頻繁なのですが、それもなれてきてそれほど大変とは感じません。
ただ、なかなか長時間の外出はできません。


一人目の子なので、とにかく四六時中観察してしまいます。
自分も長女なのでこんな風に育てられたのかなぁと思ったりもします。


そんな今日この頃。

いろいろ書きたいことはあるのですが、
なかなかパソコンに向かう時間は取れないので、ときどき
覚えている範囲で記録していきたいと思います。


しばらくは、そんな子育て記録ブログになりそうです。
[PR]
by plants_plants | 2012-11-16 00:18 | *日々つれづれに

考えるひと (赤ちゃん編)

c0062796_10151134.jpg


手の使い方が絶妙です(笑)


生後3ヶ月と7日。
最近、手がよく使えるようになって来ました。

いまも、隣で独り言を言いながら口に手を入れています。
機嫌がいいときと、おなかがすいているときによくしゃべります。

いまは、おなかもいっぱいよく寝た後なので、機嫌がいいときです。



ここ一ヶ月で3回も泊りがけのお出かけをしました。

前半は、人見知りや場所見知りをしていて、
すぐ泣いてしまったり、落ち着かない時期もあったのでちょっと大変でしたが、

人慣れしたのか、外でもよく笑うようになりました。

先日は、2泊3日の里帰りからそのまま2泊3日の旅行へでかけたので、
ちょっと強硬スケジュールでした。
しかも雪がちらつく寒いところへ行きました。

かなり疲れたと思いますが、
夜よく寝て、回復したようで、元気です。


少しずつ、できることが増えてきて、でも基本的な性格は変わらなくて、
なんてことを日々観察しているときりがなく、
面白いですね。

そんな日々。
c0062796_1043151.jpg
[PR]
by plants_plants | 2012-11-07 10:16 | *日々つれづれに

こんな日々

c0062796_2130541.jpg
スマイル大サービス中~♪↑

生後3か月が経ちました。
1ヶ月半のころから3週間くらい大泣きする日がつづいたりしましたが、
それももう落ち着き、
最近ではほんど泣かなくなりました。

意思の疎通がだいぶできてきたからだと思います。

よく笑ってくれます。


c0062796_21302737.jpg
ソファベンチの上がお気に入りで、→
脚をバタバタさせ、ソファの端からどんどん背這いで頭の上の方向へと進んでいきます。




先日、これをやっていて、だんだん体が斜めになり、
ここから床へ落下してしまいました。

床は畳の上にクッションフロアを敷いてあるのでかなり柔かいのですが、
まだ首の座っていない赤ん坊が35cmの高さから、しかも頭から落下したのです。

落ちるときにひっくり返ったようで、腹ばいになってジタバタしていました。

ひっくりかえったよう、
というのは、実は落ちる瞬間や落ちそうになったところを私は見ていなかったのです。

危ないので目の前で見張っていたのに、
多分ちょっと居眠りしてしまったのだと思います。

ばたん、

という音ではッとすると、
目の前にいたはずの子がいなくて下を見たら落ちていたのですから、
びっくりしました。

幸い、下に何もなかったので、大丈夫でした。

冷や汗かきました。

これは、動くようになったらホントに目が離せないでしょうね~



↓手足がよく動きます。この2枚の写真、すっごい手足を動かしているのに顔がピタッと止まっています(笑)
c0062796_21304637.jpg


脚でパーしてます^^⇒c0062796_213198.jpg


この子が私を母親にしてくれつつあるなと感じる、そんな日々。
[PR]
by plants_plants | 2012-11-01 21:47 | *日々つれづれに

もうすぐ3ヶ月

こんにちは。
いつも訪れていただいている方、ありがとうございます。
またしてもご無沙汰してしまいました。

しばらくPCが使えずようやく本日から使えるようになりましたので早速更新します。


もうすぐ3ヶ月になる娘のななみとの暮らしにも、
ずいぶんなれてきました。

c0062796_018457.jpg
とはいうものの、
まだまだちょっと買い物に行くのも簡単ではなかったりと、
いろいろ緊張感のある日々でもあります。
c0062796_0193976.jpg








月齢のわりによく笑ってくれる彼女のスマイルには日々幸福感をたくさんもらっています。

最初の1ヶ月くらいは新生児反射という筋肉の反射で笑っているように見えるだけといいますが
彼女はどうもわかって笑っているとしか思えないような反応を1ヶ月目からしていました。

最近ではよりいっそう笑顔が返事の代わりだったりとコミュニケーションがとりやすくなってきました。


カメラを向けると、ぴたっと止まって必ずカメラ目線になります。
カメラ用?スマイルもできます(笑)






自然な笑顔を撮るには、
だんな様と遊んでいるところを私が撮るなどしないといけません(笑)


おっぱい?
ときくとにこ~っと笑ったりもします^^
c0062796_023839.jpg

たまにこんな人見知り顔になっちゃうときもありますが。→








いろいろ観察していると、
どうも空気をよんで泣かないほうがいいような場面では、
遠くを見て気をそらして泣くのをこらえているようなときも多々あったりと、
なかなかすごい子です。


頼りない親でも大丈夫なように
神様がしっかりした子を贈ってくれたのかもしれません。


でも、泣くのをこらえていたと思われる時間の後、
私と二人になったときに我慢してたんだなぁとわかる泣き方をするのが
なんとも切ないです。
甘えさせられるときには思い切り甘えさせてあげたいなぁとおもいました。


赤ちゃんはすでに一人の人ですね。

そんな一人の人の命を丸ごと預かっているということは、
とてもすごいことで、とても尊いことだと感じる今日この頃です。

そして、出産と同時にスタートした新しい人生に
私自身が生まれたばかりのような状態です。


日々いろいろ考えさせられます。
そんな気付きや想いをここに残して行きたいなと思います。

c0062796_0201685.jpg
[PR]
by plants_plants | 2012-10-22 00:59 | *日々つれづれに

もうすぐ2ヶ月

c0062796_1341226.jpg


もうすぐ生後2ヶ月を迎える娘。

たった2ヶ月でケータイの写真は彼女だらけ。



いろいろあります。

いろいろきづいたり、かんがえたり、

でもきっとまだまだこれからもっともっと。


こんな経験をできることに本当に感謝です。


一つ一つ味わいたい今日この頃。


こんな彼女と共に(笑)
↓これ、寝ぼけ泣き&怒りです。(本泣きだったら写真取ってられません(^_^))
c0062796_1343237.jpg

タイミングをみて少し外出もしています。
ようやく秋空になってきましたので、
そろそろ散歩を楽しめそうです。

待っていてくださる方には
近々御披露目&ごあいさつに参りますので
ぜひ会ってくださいませ。
[PR]
by plants_plants | 2012-09-27 01:39 | *日々つれづれに

初心

c0062796_2302410.jpg


「あ~、疲れたね~。
 でも、一番疲れているのはこいつだからな~」

「僕たちがこの子の
 一番の理解者になってあげようね」



今日のだんな殿のことば。




出産後1週間病院で過ごした後、3週間ほど実家へ里帰りしていた私は、

きのう、1ヶ月検診のため再び産院を訪れ、

そのまま自宅へ1ヶ月ぶりに帰ってきました。


いままでは、病院のあと、

実家という場所で入院させてもらっていたようなもので

家事など生活全般をすべてお世話になっている状態でした。



おとといから仕事が3連休のだんな殿と一緒に

赤ちゃんとの生活がスタートしました。



昨日も今日も夕方から夜8時9時近くまでの間、

うとうと寝たかと思うと泣き出して、

なにをしても泣き止まなかったり

ああでもないこうでもないと、

ふたりで汗だくになりながら手探りでわが子と

向き合いました。



きっと子を持つ親が誰しも通ってきた道なのでしょうね。



おなかがすいたときは簡単ですが、

それ以外で泣き出すときは、困ってしまいます。


眠いのになかなか寝付けないのがつらいのかな?
(ほうっておけばそのうち寝る、なんてことはないのです)

げっぷが出なくて苦しいのかな?

オムツかな?

暑いのかな?

どこが苦しいのかな?

不安なのかな?怖いのかな?



などなど、考えつくかぎりのことにたいして対策を試してみたりします。

なにをしてあげたらつらくなくなるのだろうかと。



長い時間抱っこしてあやして、ようやく寝たと思って布団においたら

目覚めてまた泣き出して、こちらが必死になるほどに空回りして

火がついたように大泣きさせてしまったり。


パニックになったような赤ちゃんの全身での訴え。

そんな赤ちゃんを見ているのはこちらもつらいです。


そんなことを何時間も繰り返しているうちにだんだんと疲れてきてしまい、

食事のしたくも途中だし、仕事も片付いてないし、早く寝かしつけたい、

そんな気持ちからあれこれ行動してしまいます。



でも、それはこちらの都合であって、

一番疲れていてなんとかしてほしいのは赤ちゃん本人なんですよね。



泣くのは赤ちゃんの仕事だから、泣くことも必要

といいます。

それも事実だと思います。


でも、泣くには泣くだけの理由があって、

小さな体で新しい世界の中に懸命に順応しながら、

必死で何か訴えているのですよね。


それを理解しようと勤め、安心させてあげるのが

新しい世界にやってきた子を迎える私たちの

役目だと思うのです。


新生児は、眠いのに寝付けなくてぐずることがあるそうですが、

だから仕方がない、とにかくひたすら抱っこしてあやすしかない

じゃなくて、寝付けないにはねつけない理由があるんですよね。

(これもだんな殿が言っていた言葉ですが、私自身もそう思っていたので、
 私の言葉として書いちゃいます・笑)


そして冒頭のようなことを

ふたりで実感し、共感したのが今日の出来事でした。



たった二日でこんな気付きに出逢いました。
(しかも、夜は基本的にぐっすりよく寝てくれたり、
 夕方から夜寝付くまでの間以外はほとんど泣かないなど、
 きっと比較的手のかからない子なのに、です)

これから先どれだけたくさんの発見や気付きがあるのでしょう。


こういうことを一緒に気付き、共有できるパートナーがいることを

幸せだなぁと思います。


「親」として生まれたばかりの私たちですが、

今のこの気持ちや考えを、原点を

いつまでも忘れないようにしようと思います。


ひとつひとつに、新しい命、新しい家族と一緒に向き合い、

味わっていきたいなと思います。

そんな今日。



2012年8月31日
[PR]
by plants_plants | 2012-09-01 00:26 | *日々つれづれに