葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

hana

c0062796_182577.jpg

こぼれるように咲く 雪やなぎ。
あちらこちらで緑の葉に白い小さな花が本当に雪のようにちりばめられていて
春の雪はこんなにもきれいです。
[PR]
by plants_plants | 2007-03-26 22:04

きらきらと

c0062796_13243969.jpg

ブログ、お休み中なのですが、
先日、昔の職場の上司であるMさんにいただいたチケットで、
とある展望台へ行ってきたので、ちょっと写真をUPします。

明るいうちに行ったらちょうどもうすぐ日が沈むくらいで、
雲間にゆっくりとその姿をけしてゆく赤々とした太陽、
その太陽を見送るようにたなびく雲、、
暗くなってからは東京タワーとそのまわりをとりまく夜景を堪能しました。

元来、高いところが好きな私ですが、
そこは高いところにいるというより、東京都心の上空を
飛んでいるような気にさえなるところでした。
c0062796_1325289.jpg

すべて掌握したようなその景色は、ただただ、
きらきらしていました。

Mさん、貴重な時間をすごさせていただき、ありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます☆
[PR]
by plants_plants | 2007-03-23 13:37

ひかりのなかへ

c0062796_21304824.jpg


自宅の多肉植物。
一鉢だったのだけれど伸びてきたので、先端を切り、
ハイドロボールを入れたおちょこにて育て中。
根付いたら治療院のかたすみのGreen販売の仲間に入れようかと画策中w

台所の窓辺。
朝の白い光が差し込んで、清々しい様子にしばらくみとれてしまいました。
植物と光は、本当によく、似合います。



余談ですが、
昔、学生のころ、こんなことを考えていたのを思い出しました。

「一寸先は闇」というなんだか怖い言葉がありますが、
つまり、一歩先は何も見えないということなわけですが、
それなら、「一寸先は光」でもいいのじゃないかななんて思ったことがあります。
光だらけで包まれていたら何も見えないのは一緒なので。

でも、ひとつ決定的に違うことがあるとその時気づきました。
行く手や周りに何も見えないのは同じでも、
光の中では自分自身の姿だけは見ることができるだろう、と。

闇では自分自身も見えない、つまり自分をも見失っている状態を
一寸先は闇という言葉はあらわしているのじゃないかなと。

なんてことをふと、思い出しました。
先が見えない状態のとき、こんな風に考えられたら、
少なくとも今をしっかり見据えることだけはできるような気がします。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 読んでくださっている皆様へ

 いつもお立ち寄りいただき、ありがとうございます。
 都合により、少しの間このブログをお休みしようと思います。
またふと思い出していただいたときにでもお立ち寄りいただければ
 と思います。
 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by plants_plants | 2007-03-10 21:42 | *日々つれづれに

小さな一葉 -Green+-

c0062796_1612013.jpg
c0062796_1628367.jpgツル状の葉っぱが伸びてきたので
一輪挿しに挿していたところ、
根が出てきたので、
ハイドロボールを入れ、鉢植えにしてみました。
(写真上)
小さなひとツルが主役になりました。




c0062796_161215100.jpg
c0062796_16122782.jpgミニカップ&ソーサーにハイドロボールを入れ、小さな植物の苗を入れてみました。
このカップかなり小さく、スプーンと比べてこんな感じです→
植物の名前はハツユキカズラ。
日当たりなどによって葉っぱが白やピンクになることから来る名前のようです。
今年はついに雪は見られませんでしたが、
次の初雪(何年先でしょうね)を心待ちにして、冬にお別れを告げたいところです。
[PR]
by plants_plants | 2007-03-02 14:20