葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

我が家

c0062796_18551672.jpg

ちょっと模様替えしてみたので、お部屋公開。我が家のリビングです。
(お掃除したてなのできれいですが、普段は本や雑誌が散乱してます)

物の位置を変えてみたら案外広い部屋だったと発見。(6畳なんですが)
今まで使われずにいた椅子たちも本領発揮できるようになりました。
座ると腰が痛くなって疲れるのでもう捨ててしまおうかと思っていた座椅子も
桐の衣装ケースの上にのせ、壁に背をつけて配置してみたら簡単なソファに。
意外に座り心地抜群でびっくりです。(写真右奥)

ちなみに、我が家の住人は二人なのですが、友人がいつでも遊びにこれるように
席はたくさん用意しているのです。
実際はその日の気分と用途で二人しかいない住人が転々と
座る位置を変え楽しんでいるのですが(笑)

ついでにお酒もたくさんあります。
部屋の奥にある瓶たちは空瓶ではなく全部入ってます。
我が家のミニバーです。
今、自家製梅酒も製造中で夏が来るころには飲み頃になる予定です。

でも、お酒は決して強くないのです。
弱いけれど雰囲気が好きな二人です。

たまに部屋をきれいにするといつも思うのですが、
忙しい日常だからこそ、帰ってきて一服したくなるような場所があるっていいなって思います。
ただ疲れて寝るだけじゃ味気ないですものね。

のってきたので、ほかの部屋もかたづけようかなぁとおもってます。
といっても、一気にやると疲れるので、一週間くらいかけて少しづつ。
部屋が片付くと頭も整理されすっきりして気持ちがいいですし。
もっとこまめにできればベストなのですがどうも腰が重くて。。。

c0062796_1921561.jpgちなみに、元はこんな感じでした。奥にいす(ほとんど使われず飾りでした)、手前にコタツ→
ようやくコタツをしまい、冬にさよならしました。

夏を迎える準備もまた、たのし♪
そんな今日この頃です。
[PR]
by plants_plants | 2007-05-26 19:30 | *home

つれづれ

今日、短く毛を刈られた黒いポメラニアンの子供をみかけました。
丸い耳、黒いふわふわの毛、小さなモコモコの足、
小熊が散歩されているようで面白く、かわいかったです。

動物って、このうえなく癒してくれる存在だなぁとおもいます。
子供の笑顔とか、大人の子供みたいな笑顔や様子も同じ。
自然も。

久しぶりに夕焼けを見た今日。
川にかけられた陸橋の上を渡る電車の窓から見えた、
川面も空も街の建物も、道路も、橋もぜんぶが
オレンジ色に染まっているようすは、一日の終わりに見たい景色だなぁと
しみじみ思ってしまいました。
ちょっと早く帰ってきてトクをした気分。

今日も、一日、ありがとう。
[PR]
by plants_plants | 2007-05-19 20:06 | *日々つれづれに

知ること

c0062796_1552588.jpg


今日は、最近の信じられないような事件のニュースを見て感じたことを少し書きます。

人は、一つ知ると、知らなかったころの自分を失う。
これは、確かな事実。
知ったことがいいコトであれ、悪いコトであれ同じ。

知識や経験を増やすことは、豊かな人生にするために欠かせない過程であり、
自らも積極的に行なっていきたいことである。

けれど、「犯罪」と呼ばれるような行為については、
みんながしないのは、「やれば出来るけれどしない」という選択をして
暮らしているからでしょう。
犯罪を犯してしまう人はそこをちょっと誤解しているのかもしれないと思うのです。
みなが「できない」ことをしてやろう、というように。
それはすごいことでもなんでもなく、おろかなだけなのに。

妙な欲望に負けて増やした「経験」は、
それを経験する以前の自分を失う、
つまりその後の一生を変えてしまう行為なのに。

犯罪の被害者や、被害者及び加害者の周囲の人々だけでなく、
自分そのものをもとりかえしのつかないほどに傷つける行為なのに。
そこまで考えて行為に及んでいるのか、単に考えられないのか、
それともそこまで考えることそのものに必要性を感じられないのか、
最近の物騒なニュースを聞いていると疑問に思います。

そんな状態を作っている社会的背景など言及すべき対象は多々ありますが、
なんとも考えさせられます。

犯罪に限らずもっと身近なことに関しても、
私たちは日々そうした選択を迫られ、自らの生き方を決めて
今日まで生きてきて、今の自分があるのではないでしょうか。

私自身も、自らをも傷つけるような選択をいくつもしてきましたが、
だからこそ、実感としておもうのです。


事件について、思うところは他にもいろいろありますし、ここで書いたことは、
ごく一方向からだけの見方ですが、
一つ書き留めておきたいと思ったことだけ、
ちょっと書き出してみました。
[PR]
by plants_plants | 2007-05-19 15:51 | *日々つれづれに

妖精の花ひらく

c0062796_12221456.jpg
ひょろりとした長い茎の先に葱坊主みたいなふわっとしたまるい花をつけるスカビオサ。

c0062796_12214927.jpg
その様子から、私は勝手に妖精の花と呼んでいる。
ちょっと不思議で、どことなく、私のイメージしている妖精に近い雰囲気を持っているから。

小窓から涼やかな風がするりと部屋の中へ入りこみ、かすかに花の匂いをのせてゆく。
朝のちょっといい時間。


さて、外は日差しが強くて、暑くなりそうな予感。。。

c0062796_12225344.jpg今日は、先日300円で購入したサンダルをおろしてみた。ベトナム製だそうです。
このタイプは足が痛くなって苦手なのだけど一目ぼれして購入。
ところが、予想に反してこのサンダル、ナカナカの優れものでした。
木製で表面は一見すると漆のようなつやのある何かできれいにコーティングされていて、鼻緒の長さも調整できてはきやすい。
裏にはゴムが張ってあるのだけれど、歩くと下駄のようなカランコロンという
軽やかな木の音がして、耳に心地いい。


c0062796_1223812.jpg鼻緒の部分の花は、手持ちのブローチに
ちょっと手を加え縫い付けたもの。
オリジナルサンダルのできあがり。
なかなかかわいい♪
なんて自画自賛^ ^

こんなのもちょっと楽しい。
[PR]
by plants_plants | 2007-05-16 12:54 | *日々つれづれに

匂い立つ

c0062796_2049548.jpg

匂い立つ、
と言う言葉がぴったりくるような光景。

今朝、家を出たらすぐにこんな景色に出会いました。

甘い香りがあたりにたちこめ、
朝露で湿った少し冷たい空気が、その香を空気中にとどめているようで
体中がその香と空気に包まれ、
花のミストシャワーといった様子でした。
[PR]
by plants_plants | 2007-05-01 20:51