葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

朝の光

c0062796_1114382.jpg

葉っぱと朝の光。

朝の光はいい。
今日は外は曇り。
けれど、それでも朝の光は他のどの時間の光よりも
白くて強くてやわらかくて
「光」を感じられる。

窓から入るこの光が部屋中に満ちていて深呼吸すると
身体の中までその光で満ちてきて光りだす、そんな気持ちになる。

また部屋が散らかってしまっているのが残念だけれど・・・w(片付けなきゃ)

さて、今日もがんばろうっ。



c0062796_119044.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-06-29 08:30 | *葉っぱ(ときどき花)

記念日

c0062796_8594880.jpg

先日、さくらんぼ、いただきました。コレはその時撮った写真です。
とてもおいしくいただきました。
さくらんぼって名前も形も本当にかわいらしい果物ですよね。
このつや、色実、形、名前、
すべて。

よく見ると小さなりんごみたいにもみえますね。c0062796_90937.jpg

きのうは休日でした。
前の晩、久しぶりの友人に会い、しゃべり続けて楽しくあっという間に時間が過ぎ、
遅くの帰宅だったため、
朝はゆっくり起き、それから病院へ行き、散歩がてら帰ろうと思っていたのが、
突然思い立ち地元で美容室の新規開拓。
髪を切り、夏仕様にさっぱり。
担当してくださった方がとてもよくて、
もう10年も通っているなじみの美容室から乗り換えようかどうしようか考え中。

そんなこんなで休日というのはあっという間に過ぎてしまいますね。

そして今日。
実はちょっとした記念日です。
記念日っていろいろありますが、ずっと特別な日としてとっておきたい記念日の中でも
今日のは私にとっては一番最初にできた記念日です。

しかも、今コレを書きながら考えて気づいたのですが、
今回は10回(年)目でした。なんとなくおぉぉっ!ですね。

いつもはうっかり、今日が何日だという認識がなくて忘れてしまったりするんですが、
今日はなんだか覚えてましたし。
(記念日自体は忘れないんですけど、今日はその日にちということを忘れがちです)
といっても、特別何かイベントがあるわけではないんですけど。
気持ち的にこういう日は嬉しいです♪

さて、今日も今から出勤。がんばります。



おまけ。
こちらは昨日の夕飯。
(漬けマグロ、小松菜と鳥の中華風炒め、サラダ)
なんとなく赤い気分でした。
生魚の苦手な私はこの漬けマグロを焼いていただきましたw
(写真のは生なのでだんな殿の分です)
c0062796_903240.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-06-27 09:15 | *日々つれづれに

今日のにゃんこ

c0062796_14135940.jpg
飼い猫はさすがに人なつこい。足元へよってきて背中をくっつけてぐるりとまわる。
そんな姿を写真に収めようとしたけど、接近しすぎで、こんな写真に。
無防備な後ろ頭と、内股気味の小さな後ろ足がかわいい。
c0062796_14142236.jpg
その後、電柱と壁とのわずかな隙間に頭を突っ込む。なにしてるの?

猫ってとても身近でとても不思議な生き物。
彼らの目に人間はどう映っているんだろう?といつも思う。



                     こちらは野良にゃんこ。最近うちによく来る訪問者↓c0062796_14144412.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-06-24 14:21 | *日々つれづれに

よい「気」から

c0062796_230225.jpg





玄関脇の壁に、着物などとあわせる籠バッグを吊るし、植物を入れてみた。
名前がちょっと分からないのだけど小さな葉っぱの茂った植物は小さいけれど鉢植え。
その隣には水を入れた空き瓶に瑠璃玉アザミとアイビーをさした。
(写真がちょっとぼやけ気味でよく分からないと思いますが)

色味は地味だけれど、玄関先の涼やかなお出迎えに一役かってくれるかな。
そんなちょっとしたしつらいに気を配るのも
また楽し。



最近、なんだか気持ちがいい。
いい「気」がいい「気」をよんでいるような、そんな感じだ。
うわべのお付き合いではなく、ひとの気持ちが人を呼び、そんな感じ。

いろいろなことが、ゆっくりと、少しだけよい方向へ回りだしたような気がする。

そんな今日この頃。
[PR]
by plants_plants | 2007-06-23 23:11 | *日々つれづれに

ひとっ旅への誘惑

c0062796_11324199.jpg

めずらしく早起きした今朝は、一人起きだして公園へ。早朝ジョギングしました。
6時前からもうかなり強い日差し。今日も暑~い一日になりそうな。。。

梅雨の晴れ間・・・のはずが、晴天続きの昨日今日。
出勤途中の空がきれいでついとまってパシャリ。
なんだかこのまま旅に出たくなるような風景でした。

これからの季節、自転車通勤(片道7km)はちょっとハードかもしれないな、と
おもいつつも、通勤電車は苦手なので、
天気のいい日はやっぱりチャリンと行きたいところです。
日焼け対策必須です。
最近ついに黒サンバイザー(?)デビューをしてしまい、
さわやかとは程遠い姿なのですがw
(ちなみにサンバイザーはかなり抵抗があるので人に会う前にはずします)


c0062796_11325741.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-06-17 12:33 | *日々つれづれに

「見栄のためだけにお金を使うのはやめましょう」

c0062796_22332135.jpg
先日、ラジオを聴いていたら、こんな言葉が耳に飛び込んできました。

 「見栄のためだけにお金を使うのはやめましょう」

私の場合、自分をもっとよく見せたいという見栄のために身につける服飾品への投資はおさいふをきゅうきゅういわせている原因のひとつです。
必要が先に来るほうが多いので、「見栄のためだけ」ということはあまりないと思いますが、本当に必要?何で必要?と考え直すのに冒頭の言葉は有効かもしれませんね。

(「見栄」自体はセンスを磨く場合など何かを向上させるのに必要な要素ですので、
「見栄」を否定しているわけではありません^^)

ここでは、見栄「だけ」のために使うのはやめようといっています。
「見栄だけ」でほかの理由が見当たらない場合、
そんな買い物ができるのはずいぶんとお金にゆとりのある話ですよね。
でもなんだかココロは貧しい感じがしますね。



さて、明日は父の日です。
私は贈り物が好きで、あれこれ考えるのは楽しいのですが、
そんな選ぶ時間の中で、

 これ送ったら(自分が)センスがいいと思われるかも

なんていう、それを贈る自分への評価が選択基準のなかに入ってくるときが
大変恥ずかしながら、多々あります。
もちろん、送る相手に喜んでもらえるか、という選択基準ありきで、
それははずすことはできないのですが、
贈り物のセンスを発揮したいという、相手にとってはまったく必要のない、
プレゼントするという趣旨からは外れたココロ。
これがけっこうチラリズムしてしまったりするあさましい私です。


今日、贈り物を選びながら、前述した「見栄だけのためにお金を使うのは・・・」
という言葉があたまをよぎりました。

センスのいい人と思われたいなんていうのは見栄以外のなにものでもないですよね。

今日は、これも買うかどうか、またはこちらにするかどうか、といったときに、
その「見栄」を選択基準から除いて選ぶことができました。
おかげで、素直に、送る相手のことだけを考えて必要な買い物ができたようにおもいます。
c0062796_22334628.jpg
喜んでいただけるといいのですが。。。
でも、やっぱり、一番送りたいのは気持ちですから。
(だからメッセージや手紙は必須です)
いってみれば、物は付録みたいなものですね。

気持ちのやり取りを物に託す。
素敵なことだと思います。
それが儀礼的、義務的になってしまうのは
大変もったいないことだと日々思います。


                               患者さんからいただいたラベンダー↑
[PR]
by plants_plants | 2007-06-16 22:20 | *ことばについておもうこと

c0062796_10275791.jpg
室内で育っていたクワズイモをここ数日ベランダに出していたらずいぶん大きくなりました。なんだかかわいくて嬉しいので、さっそく撮影。
ちょうど今日はこんな雨の翌朝の清々しい気分。
雨上がりの空にのびやかなその葉は、よく映える。
昨日からここ関東も梅雨入りとのこと。今日も午後から雨の予報。
そんな梅雨の晴れ間は空がいちだんと素敵。c0062796_1028139.jpg
c0062796_10283694.jpg
ところで、人と向き合うのは気持ちがいい、それが人の自然な姿。
植物が太陽の光を浴びて風を受け、自然に呼吸しいつの間にか大きくなるように。
向き合える人がいるのは幸せなこと。向き合いたいと思えることも。
いい関係を守りたくていさかいを恐れて避けていくと、
気づいたときには向き合えていないなんてことになって、
いい関係じゃなくなってしまっていたりする。
それを修正したいと思ったとき修正できるのはいい関係がまだそこにあるから。
そんな関係のもとでは、問題も好転の転機となる。してよかったと思えるけんかができる。

ずっと切らしていた珈琲豆をきのうようやく購入し、今朝は久しぶりに挽きたての珈琲。
ちょっとの贅沢は、ゆとりをくれる。
そんなゆとりのある朝は、とても、贅沢。
[PR]
by plants_plants | 2007-06-15 10:40 | *葉っぱ(ときどき花)

ジュラシックパークに遭遇!


今日は、盛りだくさんな一日。
ちょっとびっくりと感動を得た一日でしたので、ここへ記録しておきます。


仕事がお休みの今日はゆっくり起きた朝。
洗濯したり布団を干したりしていたら、お昼前ごろ、

「バイクでちょっと遠出して大きな公園へ行こう!」

とダンナ殿が提案。

さっそく、日焼け対策をしてからバイクで(私は乗っけてもらっているだけです)、
葛飾区の水元公園へGo!

外は予想外の暑さ(30℃あったとか)で、若干失敗だったかと思いつつも、
着いてみるとこれまた予想外の広さの公園にびっくり!

さっそく食事処で腹ごしらえし、足の向くまま気の向くまま園内を散歩していくと、
なんだか高い木立の生い茂る場所へ。
ふと目をやると

『バードサンクチュアリ』

という表示が。
鳥たちの聖域・・・、野鳥がたくさんいるんだふ~ん、とおもいつつ、歩みを進めていくと、
ログハウスの壁だけのような作りの半円形の壁が現れ、
その壁のところどころに空けられた小窓からその向こうを覗いてみると―――

そこは、ジュラシックパークの世界でした!

川のような湖のような場所で、川べりには樹木が生い茂り、
川(湖?)の中ほどには小島があり、大きな木が生え、そこに、
体長(身長)1m以上はゆうにあると思われる大きな鳥が!たくさん!いるんです!!

グレーの毛色をしたその鳥は青鷺(あおさぎ)でした。
日本に生息する鷺の中では一番大きな種類だそうです。
さらに、水面から突き出る数本の木の杭には黒い大きな川鵜がたくさんとまっていました。

ここは、人間が立ち入れないようになっていて、策が張り巡らされているのですが、
公園が策の中でその外に鳥たちの楽園がある、そんな感じでした。
鳥たちは飼われているのではなく、自然に生息しているそうです。

茂みの中からは、たくさんの聞いたことのないような鳥たちの声が聞こえ、
青鷺が舞う(飛ぶというより舞う)姿は大きく、悠々としていて、
ちょっと恐竜(テラノドンとかでしたっけ?飛ぶ恐竜)を連想させる姿でした。
時間の流れ方が明らかにそこは違っていて、
なんだか原始の時代にタイムスリップしたような錯覚すら覚える光景でした。

こんなに大きな鳥がたくさん自然に生息していて、それを間近で見られるなんて
なかなかできないことです。

水元公園スゴイです!!
ほかにも、ハスや睡蓮がたくさん浮かぶ場所や、ポプラ並木があったり、
素敵なところでした。



ぶらぶら散歩を終え、帰宅するともう夕方に。
その後の予定もなくなったので、
ちょっとのんびりした後、夕飯の支度を終えると、

「久しぶりに今日は銭湯でもいくか?」

というこれまたダンナ殿の提案で、久々に銭湯へ行ってきました。
昼間の暑さもすっかり落ち着き、下駄音が軽やかに心地よい、そんな夕方でした。

帰宅して食事後、今度はネットムービーでも見ようということになり、
レイトショーとしゃれ込み観始めるも、開始後5分でダンナ殿は眠りの世界へ。。。
今日一日、そして昨日までの一週間、お疲れ様でした^^

もともと今日はダンナ殿も夜予定があった(?)ようですが、
タイミングよく?予定もなくなり、
一日久しぶりのお出かけデートwらしきものを楽しませていただきました。

仕事で毎日一緒なのですが、
これが案外、仕事以外の話や時間を楽しむことができず、忙しい日々なので、
久しぶりに楽しい一日でした♪

そんな一日でした。

惜しむらくは、公園へ出かけた際、携帯を携帯し忘れたため、
写真をとることができず、あのジュラシックパークをここでお見せできないことです。
とても残念ですが、これを読まれた方、想像してお楽しみ下さいませ。
[PR]
by plants_plants | 2007-06-13 00:00

葉っぱ

c0062796_17375521.jpg
蓮の葉がひょろりひょろりと伸びてきました。
ホールのケーキを一切れ食べてしまったようなそのユーモラスな形がかわいい。


c0062796_17381777.jpg
ちょっと水をあげすぎたようで、
お腹いっぱいとばかりに葉っぱの先端から
水滴を出すクワズイモ。        →→→
[PR]
by plants_plants | 2007-06-06 14:47 | *葉っぱ(ときどき花)

ひとりの時間

c0062796_8173285.jpg明日はおやすみ。
週休一日の生活にもだいぶ慣れてきた今日このごろ。
休前日の夜は、たいていひとりご飯。

同じ職場で働くだんな様が飲んでくる日だから。
そんな日は一緒には飲まない。
最初、ちょっと寂しいなんて感じたりもしたけれど、
ふだんを楽しむためにもお互いひとりになる時間は必要。

(ご飯を作らなくていいので、そういう意味では私にとって安息日であったりもする)


いうなれば、大事なものを自然に大事と感じられる自分
(そんな自分はちょっと好き)
でいるためのちょっとした儀式みたいなものだ。

一週間を終えて頭を整理し、好きなことを楽しむのも、なかなかいい。

のんびり長居したいときは平日の夜の空いたファミレスがいい。

明るすぎず暗すぎない間接照明。
高い天井でくるくる回るシーリングファン。
ヨーロッパの田舎の民謡みたいなBGM。
厨房から聞こえる食器を洗う音。
遠くの席で聞こえる話声。
会話の内容がわからないくらいで人の存在感だけがある。
そんなどれもが、ちょうどいい。

ゆっくりと夜が更けていく。

c0062796_0463790.jpgこんなふうに、職場と家との間にちょっとした時間を
挟むだけで、
ふしぎと、遅い帰りになってもうちにつくと、
ちゃんと部屋を片付けてきれいにしよう
という気になるから不思議。
これはぜんぜん苦にならず、むしろ楽しい。
そうしてさっさっとできるはんいで、すっきりさせて、
寝る。
とても気持ちがいい。

さて、ぼちぼち・・・。
[PR]
by plants_plants | 2007-06-04 23:26