葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

素敵な時間をいただいて

c0062796_11491564.jpg昨日、友人の結婚式に出席してきました。
家族と親友だけを招待したという少人数のとてもあたたかい、いいお式でした。

式で、神父さんが言っていた言葉がとても印象に残りました。

「家庭は幸せや安らぎを求める場所ではありません。与える場所です。
求めれば家庭は壊れ、与えれば末永く栄えます」


愛は与えるものです、という趣旨の内容でした。
これは本当にそうだなぁと思いました。

なんでもそうですが、こちらが思うのと同じように相手も思うことは多いと思います。
だとすると、求め合えば不満が生じ、与え合えば感謝が生じる、
そういうことだと思います。

夫と二人で出席してきたのですが、
帰りの電車の中で、結婚式って初心にかえらされるね、とそんな話をしました。
二人とも同じことを感じていたようです。

このごろ思うのは、結婚というのは、
未熟なもの同士が一緒になり、問題にぶつかるたびに解決しようと
試行錯誤し話し合い、時に自分自身のどうしようもなく未熟な部分と直面させられたりし、
それを受け入れ、受け入れることを助け合う中で、
互いのパートナーと一緒にすこしづつ成熟していくものなのじゃないかなぁということです。

基本的な相手への感謝や相手を必要とする気持ちがあっても、
その意識のもち方や、相手への示し方を間違ったりすることは
間々あることと思います。
そういうとき、この神父さんの言葉を思い出せるといいなと思いました。
素敵な時間にたち合わせてもらえ、
また気持ちを新たにするきっかけをくれた友人に感謝☆
[PR]
by plants_plants | 2007-09-19 11:41 | *日々つれづれに

ストレスレスのすすめ

嫌なことをなにかのせいにすると、
自分の責任ではなくなりラクになりそうなものなのに
逆にその状況に「させられている」感が強くなったりする。

それらを口に出して言うことも、発散できているようでその実、
何度もその嫌な感情を噛みしめなおすことになって
よりいっそうストレスが増えているように思います。


いろんな性質のストレスがあるとは思うので、
一概には言えないけれど、
「イライラ」という感情にはこれがいえるんじゃないかなと思うのです。


言ってもどうにもならないことは気にせず流し、
自分のすべきことに専念。
どうにかする余地があるなら行動を起こせばよし。


どちらもせず文句だけを言う人が
ストレスをためてしまうのでしょう。


文句が多い人は、まずそれをやめてみたら
ストレスはちょっと減るのではないでしょうか。


ストレスレスへの道、 おススメします。
[PR]
by plants_plants | 2007-09-18 09:47 | *~のススメ

ほめるということ

c0062796_17483338.jpg

台風も去り、少しずつ季節が移り変わっていくのを感じる今日この頃。
夜はせみの代わりにいつの間にか、虫の声がきこえるようになった。
秋がすぐそこまでやってきているようだ。

秋はとても好きな季節。いまからわくわくする。


最近思うこと。

ひとをほめる、という行為は、そこに心地よい関係や時間を生む。

最近、仕事柄、いろんな人と会うため、
ほめられる機会も増えた。ありがたいことだ。

ほめてくれる相手は、自分との関係性や、一緒にいる短い時間を
より心地よいものにしようとしてくれているのだと思う。
それを意図しているかどうかは人それぞれとは思うが、
実際にそうなる。

以前はほめられるなどという機会もめったになく(だんなさまはほめてくれるけれど)、
慣れていなかったため、どう対応していいか困り、
過剰に謙遜したりしてしまっていたけれど、
相手の言葉を素直に受け止め、感謝を表せるようになってきたと思う。

また、相手のいいところを見つけてほめ返すことも
自然に出来るようになってきた気がする。

これはいい変化なのじゃないかなと思う。

なかでも、内面や自分の考え方についてほめられると、
認めてもらえた気がしてうれしいし、
自分の良い点として認識できる。
(たいてい悪い点と表裏一体のため、悪い点を自分で見つけるきっかけにもなる)

どんな仕事や状況においても、
プラスにしたいと思えばプラスを生むことが出来るし、守るべきものは守れる。
感謝のきもちを忘れずにいれば。
そう、思う今日このごろ。
[PR]
by plants_plants | 2007-09-07 20:39 | *日々つれづれに