葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雲の湾

c0062796_1004197.jpg


今朝の空。
羊の毛のようなもこもこの雲が弧を描くように散らばり、
真ん中に青空がのぞき、空に湾が出来ていました。




c0062796_1013453.jpg
おまけ:ある日の空→
(月が出ていたのですが、写真ではちょっと分からないですね)
[PR]
by plants_plants | 2007-11-26 10:08 | *日々つれづれに

秋の眠りとひだまり

c0062796_15574663.jpg

きのうのこと。
良く晴れた、すっきりとした青空に手を伸ばすヤマボウシ。
一見すると柿の葉のような大きさで、ふつうよりちょっと大ぶり。
秋色に色づいている。

そんなヤマボウシを見ながら、庭のよしず(?)のしたのベンチに腰掛け、
本を読んでいると、屋根の上にみしりと音がした。
目をやると、黒い影が動いている。
猫がやってきたようだ。
昼寝の場所を探しに来たらしく、端っこに座り込み眠り始めた。
すこしすると、にょきっと、手が出てきた。
c0062796_15572158.jpg


ちょっと近づいてみるとかわいい寝姿。
c0062796_15573512.jpg
(屋根は、よしずが2枚重ねにしてあり、間に、プラスチックの板が入っているため、
端っこはこんな風にクリアに見えるのです)

そのまま猫は4時間眠り続けました。

意外としっかり昼寝するのだなぁと。
(私もその間、その下で昼寝をしたり、お茶したりしていたのですが)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前の記事で堀口大學の詩をいただいた話を書きましたが、、
それをくれた女性が言うには、旅先で、立ち寄った喫茶店で、
珈琲と一緒にその詩がでてきたそうです。

ちょっと、ほぅっと思わされる話でした。
そんな粋なというのかオツなというのか、素敵な喫茶店だなぁとおもいます。
c0062796_15575675.jpg

いただいた便箋にあった詩をもうひとつここに紹介します。
 
  花は色、そして匂い

  あなたは心、そしてやさしさ


短い言葉にぎゅっとつまった、それでいて、優しい言葉でするっと心にはいってくる
とてもきれいな、いい詩だなとおもいました。
きょうはとても寒い。いよいよ冬がやってきたのですね。 
陽だまりの暖かさが嬉しい午後のひととき。 
[PR]
by plants_plants | 2007-11-19 16:25 | *葉っぱ(ときどき花)

出会いのリレー

c0062796_2025041.jpg
ちょっと素敵な出会いがありました。

個展会場へ来てくださったご近所の初老の女性。
朝、少しお話をし、夕方にまた来られた際に、
以前自分が旅先で出会ってとても印象に残ったという詩を、
きれいな達筆で便箋に書き綴ったものを私にくれたのです。
何かの参考になればと。

その詩は堀口大學の詠んだもので、便箋には3篇が書き留められてありました。
どれも心にしみこむような静かできれいな優しい詩でした。
そのうちのひとつをここに書いてみます。


   人生は午後がいい

   ゆっくりと時間をかけて
   咲いた 大人の花

   季節のうつろいが  
   花陰に いろを宿して

   人生は 午後からが いい


                   堀口大學


何かとあわただしく忙しくすぎていく午前、
そんな午前のあわただしさを通り過ぎ、
ゆっくりじっくりと物事に取り組んだり一息入れてゆとりを楽しんだり出来る午後、
そんな、午前と午後を人生の前半と後半になぞらえて表現した詩。

心忙しくあわただしくすぎてゆく前半の人生(若い時代)よりも、
ゆっくりと時間をかけて大人として成長してからの後半の人生(50歳くらいから?)がいい、
そう、この詩はうたっている。
いまのわたしは午前10時を少しまわったあたりだろうか。

歳を重ねたものにしかかけない詩だなぁと、
自分がある年齢に達したとき、こんな風に思える歳の重ね方が出来ていたらいいなぁと
思わされる詩でした。

これを私にくれた女性は、自分にとってこの詩はひとつの出会いだったと話してくれました。
その出会いを、今私にくれ、私にとってもまた、出会いとなった、
出会いがリレーされる不思議さ、素敵さを感じるとともに、
こうして人にある感動を伝え続ける詩のすごさに、
こんな詩をいつか自分もかけるようになれたら、と思わされました。

まだまだ荒削りで無駄も多い自分の詩は恥ずかしいくらいに稚拙なものだけれど、
それでもこうして個展をやっていなければ、
今回このような出会いを得ることもできなかったのだから、やっていてよかったなと思うのです。

c0062796_202619.jpg今回、この個展で、そんな素敵な出会いがいくつもありました。
今このときだから得られた偶然のような必然なんだと思います。
個展をやるというと、宣伝効果や利益など生産性を気にする人もいますが、
そんなことではないのです。

また、ゆとりがあるからやる趣味、でもなく、
大げさに言えば自分が生きていくために欠かせない必要なものなのです。
(もちろんそれは自分が思っていればいいことですけれど)

あと3日間、そんな時間を楽しみたいと思います。
そんな時間をくれたみんなに感謝しつつ☆c0062796_202511100.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-11-15 21:21 | *個 展

ほくほく ほっこり 女の子

c0062796_23362466.jpg柔らかな色あわせがとてもかわいいニットのコースターは友人が作ってくれたもの♪
(そろいのティーコゼも作ってくれました☆家にもって帰ってしまったので今日はコースターのみ)
さっそくお茶時間のお供に。

隣はほかの方からいただいたレース模様の綿ニットの巾着。
なんだか雰囲気が似ているので一緒に写真とって見ました。この感じ、大好きです☆

かわいいものって、ほっこりしたうれしい&楽しい気持ちをくれますよね。
これは女性ならではのというか、女の子ならではの感覚なのかな~とおもいます。
c0062796_23372393.jpg

c0062796_2347441.jpg巾着には何を入れようかなぁと思っていたら、ゆず茶のビンを入れてみたらぴったり(少しきつめ?)でいい感じに♪

ほくほくした気持ちと時間をくれたOさん、Mちゃん、ありがとうございます♪♪♪




c0062796_23484714.jpg

[PR]
by plants_plants | 2007-11-14 23:35 | *個 展

水浴び

c0062796_22214440.jpg

[PR]
by plants_plants | 2007-11-11 22:38 | *個 展

眠り

c0062796_854193.jpg
今日もすこし雨模様。
だいぶ空が明るくなってきたけれど、まだまだ水分たっぷりの空気。

雨の日はなぜか眠くなります。

もともといつでもどこでも眠れるわたしは、こんな日はよりいっそううとうととしてしまいます。

先日、美容室で髪を切られている最中にもうとうときてしまい、
それでも優しい美容師さんは
そういうお客様は多いし、「集中して切れるからそのままで大丈夫ですよ」と
いってくれましたが、カクンカクンと舟こいでいるのだから、
カットしやすいはずがなく、申し訳ないなぁとおもいました。

美容師さんいわく、その美容室に初めていったときにもわたしは寝ていたようで(覚えてない)、
「どうされるかわからない初回に眠れるって度胸がありますよね」といわれた。

そんなわたしは、ときどき、昼寝カプセルみたいなのがあると良いなぁとおもったりします。
いつでもどこでも取り出してそのカプセルに入ると周りから見えなくなって昼寝ができたりする、そんなものです。

なんてくだらないことをつらつらと書きたくなるのもまた、雨の日のせいということで。。。
c0062796_8543866.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-11-11 08:58 | *日々つれづれに

雨の詩

c0062796_22442172.jpg
今日は一日雨。

c0062796_22443562.jpg
c0062796_2245564.jpg
c0062796_22465213.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-11-10 22:50 | *個 展

「残したい」という気持ち

c0062796_19134630.jpg

ここ数日、いろんな出会いがありました。
いろいろな収穫があり、楽しい話が出来ました。
ものつくりをする人というのはジャンルは違えど、みな基本は同じ、と言った感じもうけました。
年齢や性別、まるで関係ない気がしておもしろいものです。

最近、思うのですが、
以前は、作品作りにしても個展開催にしても、
「自己表現」といった主張めいた感覚でやっていたものですが、
いつからか、
いまは「記録したい」という想いからやっているのです。
自分がその時々感じたこと、気づいたこと、考えたことを残したい、
そんな気持ちです。

その年齢、その環境でしか到達できないことや何かってあると思うのです。
そしてそれは、自分から発したものなのに、あとでみたときに
自分で自分の考えに教えられたり、いいこと言ってるな~なんて
関心しちゃったりすることがあるから不思議です。

ただでさえ忘れっぽいわたしは記録しておかないとすぐに忘れてしまいますし、
そんな意味でも、きっと残しておきたい、という気持ちになるのじゃないかと思います。

そうして年月重ねていくと、けっこうたくさんのものが残せるのじゃないかと思うのです。


c0062796_19142518.jpg
[PR]
by plants_plants | 2007-11-09 19:27 | *個 展

詩のある空間 展

c0062796_19375447.jpg

きのうからスタートした「詩のある空間」展。
写真でちょっと様子をご報告。

蔵を利用したギャラリーはそれだけでとても気持ちのいい素敵な空間。
そこに詩を展示させていただきました。

ここは歴史的名所めぐりのコースの一つになっているようで、
蔵を見に来るお客様が平日の昼間にもかかわらず結構たくさんいます。
ちょっとこれまでにないお客様層に少し戸惑いつつも、新鮮で面白いなと思っています。

c0062796_19384219.jpg

c0062796_1939926.jpg
c0062796_19393349.jpg
c0062796_1940121.jpg
c0062796_1940165.jpg
c0062796_19403972.jpg
c0062796_19412489.jpg
c0062796_2014995.jpg
c0062796_2013221.jpg


c0062796_20131847.jpg
c0062796_20134188.jpg昔のよさを今に残し、ギャラリーとして使いやすいよう上手に手を加えられた蔵。
区の施設なので区の在住・在勤者には
なんと無料で貸し出しています。
なのに、あまり知られていないのか、
借り手が少ないとか。もったいない。

京成線千住大橋駅より徒歩2分の
「千住宿歴史プチテラス」おススメです。

(ただし、販売行為禁止とかずっといなくちゃいけない
とかルールがあります。利用される方は要注意。)
[PR]
by plants_plants | 2007-11-07 20:41 | *個 展

秋の夜長に

c0062796_1431812.jpg

秋の夜長に・・・
ケーキなど食べてしまいました。

今日は一日お休みで、家で作業をしていたので、
まったく動いていないにもかかわらず・・・。
着々とたくわえができつつある、今日この頃。
この夏、ずいぶん小柄になったのにキープできず残念。(単なる夏ばてだったようで)
でも、健康なのは良いこと☆と前向きにとらえます。

最近のこと:
先日マラソン大会に参加し、10キロ走り、何とか完走(歩きなしで)したのですが、
あまりな順位だったので、(うしろにこれしかいなかったの?!って順位でした><)
心を入れ替え来月のマラソン(といっても5キロ)にそなえて
鍛えなおそうと思ってっております。
(12月に行われるクリスマスチャリティマラソンという皇居の周りを走る大会に出場予定です)

昨年の初大会参加がハーフで(タイムオーバー)、その次が16キロ、今回が10キロ、
そして次回が5キロとだんだんと距離が減っているのはどういうことなのでしょうか。

なにはともあれ、適度な運動習慣を維持し、老化と戦いたいものです。

そんな今日この頃。
なんだか夜長を楽しみたくてこんな時間に。
子供のころは未知のというか、禁断の時間帯だったなぁなんてことをおもいつつ、
そろそろ眠りにつこうかとおもいます。
[PR]
by plants_plants | 2007-11-04 01:56 | *日々つれづれに