葉っぱ生活

allhome.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「何様でもあるまいし」といってみる ということ

「何様でもあるまいし」とたまに自分に言ってみる

という言葉が、最近読み直している本に書いてあった。

ちょっと反省・・・。

原点に、基本に、立ち返ろう、と思わされました。

そうして胸を張って生きていけるようでありたいなと思います。


今日は、そんなちょっと独り言でした。


↓下の記事は完全に『何様?』でしたね・・・。
  削除してしまおうかと思ったのですが、すでに見てくださった方が結構いらしたようなので、
  あえて残しておきます。
[PR]
by plants_plants | 2010-06-30 17:30 | *そのほか

結 婚

結 婚 に夢をもてなくなっている人が、

結構たくさんいるようです。

というのも、そうなってしまうような現実を見聞きすることが多くなっているからのようなのですが、

まだしていない結婚にそんな悲しい現実だけがイメージとして一人歩きするのは

残念だなと思うのです。


「だんなさんが浮気してもばれないようにしてくれればいい」


よくこんな言葉をききます。

一見理解があり、しかも覚悟が決まっていてかっこいいようですが、
浮気されること前提の話で、寂しすぎます。
(もちろんそうとばかりもいえませんが)

昔は私もそんなことを思っていたこともありました。

今思うと自分の心にかけていた「保険」だったんじゃないかな~と思います。


でも、実際結婚してみたら、
してみないとわからなかった、たどり着けなかった境地がありました♪

心を武装する必要なんてまったくなくて、
無防備でも幸せを満喫できる

そんなラク~で幸せな境地が。


案外、いい話はただ「仲がいい」とかの一言で片付けられちゃって、

そんなに人から聞いたりしないものなのじゃないかと思うので、
でその境地にたどり着くまでに知ったこと、感じたことを
つれづれに、語ってみようかなと思います。


*********************************************


恋のよさと愛のよさは違う。
愛のよさを知るには恋を育てる必要がある。相手と一緒に。
結婚はそのスタート。


って思います。

本当に愛のよさを知ったら、よそ見したり、嫉妬したりなんて自然に必要なくなる。
もうそんな段階は超えてしまうから。
それを知る前に、あきらめてしまう人が「結婚は墓場だ」なんていっていたりします。

でも、そんなの寂しすぎる人生じゃないですか?



寂しいと人はそれを埋めるためにもっと寂しい行為に及びます。
どこかで強烈に自分の存在価値を感じられないと、
充足感も得られないから心が暇になり、もてあます。
寂しさにも退屈にも似た心持ちになる。

一度はそういう道を通るのも必要かもしれません。
でも、ずっとその道をいっても自分の心にふたをして見ないふり、楽しいふりが上手になるだけで、
心からの安らぎは手に入らないのじゃないでしょうか?



自分が認めているひとが、自分を認めてくれたら、自分の存在価値を感じられる。
しかもそんなことを感じさせてくれる相手と毎日会える、
それってすごい幸せなこと。
「あたりまえ」じゃない。


好きなひとと『おはよう』と挨拶を交わして始まる朝、
『おやすみ』と言って終わる一日も
「あたりまえ」じゃない。
とても貴重で大切な宝物みたいなこと。


そう、おもいます。
「あたりまえ」にしてしまわないことが、いつまでも新鮮なきもちでいられるコツかもしれませんね。


自分の嫌な部分もさらけ出せる相手がいるってありがたい。
だから相手の嫌なところも受け止めたい。お互い様だから。


親しき仲にも礼儀あり が いい関係を育むコツ。

本気で怒ったことを許すという行為は愛があるからできること。


パートナーがいるって心強い。
パートナーは性別に関係なく、思っているより弱く頼りなく、
思っているより強く頼もしい


そんな風にも思います。
さらに、

愛を育てるには体力がいる。
言葉にするなら、思いやり、協調性、尊敬、感謝、受容力、持久力 とかそんなところ。
その体力をつけるのが恋。


恋をした相手と愛を育ててみたいと思ったら、
結婚すればいい。


そして子育てと同じで、愛を育てるには最初少し手がかかる。
手が離せるようになるくらいまでは手がかかっても育て続けること。
そうしないと、愛が育った形は感じ得ないから。




二人で育てた「愛」はかわいくて愛おしい。
その感情はそのまま相手に向けられ、自分に向けられる。
しかも毎日。
だからラクで自然なのに、楽しくてうれしくて幸せ。

いやなことがあってもけんかしても真の部分がしっかりしていれば
大丈夫。それが恋愛体力、コアがしっかりしているということ。



なんか、言葉にすると硬くなっちゃいますね~
でも、きっと忘れちゃう自分とも遭遇する日も来るから、
メモのつもりで残しておきます。
[PR]
by plants_plants | 2010-06-30 17:19 | *パートナー

ゆとり

c0062796_861192.jpg
水を張った硝子のボウルに
カットした葉っぱをすっと入れてみる。
きもち、涼しげになりました。

毎日むしむししていますが、
日本には昔から、すだれや風鈴など目や耳から涼をとるという文化がありますよね。
くふうして涼しさを演出して熱い季節ならではの涼のとり方を楽しむ、
心にゆとりがありますね。

素敵だなぁとおもいます。


時代は変わって忙しさも暑さもましている昨今ですが、
心のゆとりは、時間が作るものじゃなく、
一人ひとりの意識が作るものだと思います。

心をなくさず生きたいものです。


10年位前に、モンゴルで遊牧民のお宅にショートステイしたことがあります。
川で顔を洗い、口をゆすぎ、一緒にご飯を作ったり、馬に乗って滝を見に行ったりしました。

電気もガスも水道もないのに驚くほど快適な暮らしでした。

時間がゆったりと流れ、自然とともに生きていました。

彼らは皆街の学校へ行っているので、車が走り、電気ガス水道を使う街の暮らしも知っています。
それでも、あえて遊牧生活を選んで生きていました。


不便さは人に本当に必要で大切なものだけを見せ、考えさせてくれると思います。
もてあます暇などない毎日、それなのに決して忙しくない、
そんな暮らしをしている人々もいる、
ということをふと思い出しました。

いい意味で、自然体でいられる暮らしをこころがけたいな
と、改めて感じる今日この頃。




c0062796_811521.jpg
← 飛行機のなかで機内食用に出てきたカトラリー。
記念に(?)持ち帰ってきて飾っていたのですが、
いつのまにか熱で?変形してオブジェのようになってました(笑)

[PR]
by plants_plants | 2010-06-30 08:29 | *日々つれづれに

週末のつれづれ

この週末は、長野県松本市へ行ってきました。

土曜日に松本でトレーナーさんや医療従事者など健康指導者が集まる講習会
があり、そこに今回講師として参加しただんな殿の付き添いです。

付き添い、といっても、運転代行です。

金曜日の夜こちらを出て、久しぶりの高速道路運転にびくびくしつつもスタート。
首都高をぬけるまではだんな殿に運転してもらい、
そこから3時間くらい、諏訪湖あたりまで運転しました。

ハンドル持つ手に力が入っちゃったのか、今日は腕が軽く筋肉痛です(笑)

だんな殿が講習会をしている間、
一人でちょっと松本観光に出かけました。

c0062796_19453385.jpg
松本城。現存する最古のお城なんだそうです。

上まで登れて、なかなか楽しかったです。

時の流れや時代の移り変わりの不思議さを感じました。




そして昨日夜遅く帰宅しました。


今朝は久しぶりにゆっくり起き、
昼からなんだか走りに行きたくなり、公園へ。
40分くらい走って終了。


休みの日の公園はいいですね。


大人も子供も遊んでいたり、カラスやハトが水浴びしていたり、
それぞれ思い思いに過ごしている様子が
なんだかいいなぁとおもいました。

最近は、こういう、人や動物が誰でもするような、
なんでもない当たり前のしぐさや行動を垣間見るのが
楽しいです。

泰山木(タイサンボク)が大きな花をつけ、いい香りが漂っていました。
私の好きな花のひとつでもある「木蓮」の親戚みたいな花です。

あじさいも、ピンク色から紫、青へとひとつの樹で
きれいなグラデーションができていて、
見る人をあきさせないですね。

くちなし夏椿の花も咲いていました。
今書いていてふと気づいたのですが、アジサイ以外はみんな白い花です。

自分が白い花が好きだというのもあって目に付くのでしょうけれど、
この時期咲く花に、白色が多いのかもしれないですね。

(私は白い花が好きです。チューリップでもバラでも白にひかれちゃいますね)


今回はカメラも携帯も持っていかなかったので、
写真を撮れなかったんですけど、
言葉の説明で伝わるでしょうか?

読んでいただく皆さんの想像の中できれいな花を咲かせてください。
[PR]
by plants_plants | 2010-06-27 20:06 | *日々つれづれに

朝焼け

c0062796_447585.jpg

今日は日曜日

・・・なんですが、

ちょっと遠くへ仕事に出るだんな殿の見送りで
超早起きしました。

なんと4時。。。


早朝の空。



寝ぼけ眼で玄関を開けると――

薄ピンク色のやさしい光に
空だけじゃなく、景色全体が染まっていました。

静かでとてもやわらかい、やさしい光の光景でした。

c0062796_4471744.jpg


















たまの早起きもいいかもしれません。

でも、ちょっと早すぎるので、
私はまたこれから寝ますけどZzz ...
もうすぐ5時になります。鳥が鳴き始めました。もうすっかり明るくなってしまいました。
(こんな早朝からブログを更新するとは思いませんでした・・・)

おやすみなさい~
[PR]
by plants_plants | 2010-06-13 04:50 | *日々つれづれに

ココロの休養

c0062796_720570.jpgもう、あじさいが咲いています。
そろそろ梅雨がやってきそうですね。

雨はけっこう好きです。

樹木の枝が真っ黒になってしっとりした感じとか、
同じ景色が普段と違って見えたり、晴れ間が嬉しかったりするのも。


毎日たくさんの人と接していますが、

なかには、その日または最近つらいことがあったりして、
そんな感情を抱えている方も少なからずいたりするのだろうな
と思うことが時々あります。

それでも、明るく普段どおりの笑顔をみせてくれる様子は、
接するこちら側への配慮だったり、
大人としての相手への気遣いなのだろうなと思います。

そうすることで、前向きな気持ちを保てることってありますよね。
するとそのうち、本当にするんと悩みなど消えてなくなることもあります。

そんなふうに必要以上に人に甘えることなくがんばっている方に、
体を動かすことが文字通り「気分転換」になると感じてもらえたらな
と思う今日この頃です。

帰るときには来てよかったなと思ってもらえると嬉しいです。

苦しい感情はつい抱えつづけたり浸ったりしてしまいがちですが、
そんなときこそ、あえて、ほかの事に没頭してみると、
不思議なくらい軽い気持ちになれたり、悩み事がどうでもいいことに思えたり
なんて事がありますよね。

いま、がんばっている方、
ちょっと頭を休めて、体だけ動かしてみてください。

からだを動かすことは
【体の休養】なだけじゃなく、
【こころの休養】にもなると思います♪
[PR]
by plants_plants | 2010-06-09 07:38 | *葉っぱ(ときどき花)

photoさんぽ

c0062796_8533556.jpg
こんにちわ。

今朝、近所へ散歩にでかけたら、↑この子に出会いました。

猫を見かけるとつい「にゃあ~」と声をかけてしまうのですが、
いつものクセで、遠くを歩いていた猫に

「にゃ~お」

c0062796_854485.jpgと声をかけると振り向いてくれたので、
もう一度呼びかけたら
ととととと、 と歩いて
私の足元まできてくれました♪


写真とっていい?
ときくと

「にゃぁ~」 と。

しゃべれる子でした。



ブログ、久しぶりの更新です。

先月携帯電話を変えてから、カメラの使い勝手が悪くなってしまい、
すっかり写真をご無沙汰してました。

そこで、デジカメの登場。

あまり使っていなかったんですが、今日は散歩に連れて行ってみました。


c0062796_855794.jpg

舎人(とねり)公園。

みどりが生い茂り、すっかり初夏の様子です。

何種類もの鳥の声が、たえまなくこだましていました。

c0062796_983616.jpg
← イチョウの葉っぱの赤ちゃん。
ちっちゃくてかわいいです。
c0062796_985227.jpg

木漏れ日がきれいだなぁとおもって近づいてみると・・・
c0062796_8581949.jpg
ふわふわのわたげが朝日を浴びてきらきらしていました。

これからの旅立ちを祝福されているよう?
なんて勝手に想像しちゃいました。
c0062796_859065.jpg









池には睡蓮も咲いていました。
睡蓮、大好きな花のひとつです。
c0062796_9115268.jpg凛としたただずまいや
その色や形は、独特で、
みとれてしまいます。
c0062796_9122190.jpg


c0062796_9123866.jpg


花壇には矢車草(やぐるまそう)→
が咲いていました。







写真を撮っていたらミツバチがやってきました。↓
c0062796_9125112.jpg
体中が花粉まみれになっています。
夢中で蜜を食べていてカメラを向けられていることなどお構いなしのようす。
久々のさんぽはいろいろ新鮮でした。

このごろすっかり、ランニングもごぶさたしてしまい、
運動習慣がなくなってしまっていたので、まずはさんぽから再開しようかな。

デジカメはさんぽのお供に決定ですね。

あと、かかせないのが、日焼け防止グッズ。
c0062796_920442.jpg

そんな、きょうのつれづれ。


c0062796_9201586.jpg
[PR]
by plants_plants | 2010-06-02 09:00 | *葉っぱ(ときどき花)